及川リン:Joy To The World - Silent Star Edition (そろそろ、クリスマスの定番ソングに参りますか!)2015/12/12 00:43



一寸、懐かしい,゚.:。+゚キラキラJ-popとは、こういうことです。



♫ 白い港 (儂は、この辺りが、,゚.:。+゚キラキラJ-popの原点だと思っていますよ!しかも、旬曲なんですよ!)2015/12/12 02:56





上の画像は、恐らくは、大きな間違いがあります。
その答えは、儂の「白い港」の新説を理解すれば、納得です。

皆が皆、此の曲は夏ソングと思っているようです。此が誤謬。
白い港を白い砂浜と勘違いしているのでしょうか。
大滝詠一の作品は、夏という固定観念が強いようです。
しかし、そんなことは有りません。その証拠に、彼のソロアルバム
「ロング・バケーション」に「シベリア鉄道」が入ってます。
彼の作曲で、冬のリビエラという曲もあります。私の説に寄れば、

詞については、夏とも冬ともどちらにも解釈できると考えます。
鴎は季語ではありません、冬鴎かも知れません。
冬でも、良い天気には、青空や眩しい陽の光だって有りますし、
セイルは冬でも下ろしてますし、帽子は麦わら帽子ですか?
苦い珈琲は、アイスではなく、ホットでも良いじゃないですか。

ならば、季節を決めるのは、作曲か編曲になります。

先ず、編曲。私も今まで、避暑地の乾燥した空気を感じてました。
しかし、詞と同様、冬でも何ら問題ないです。
この透明感のある編曲は、冬の凜と張り詰めた清澄な大気を表し、
また、キラキラ感も具えた編曲と曲名タイトルの白い港は、冬の
白い雪や氷が、小春日和の太陽に照らされた輝きを表しているのです。
こんな感じでしょうか?


ということで、最後の決め手が作曲です。そして何よりの証拠が
大滝詠一様が、この曲を拝借しています。正しく冬の名曲でした。

André Rieu - The Skaters Waltz

と言うわけで、儂の新説は、此の曲は冬ソングである。
と言うことになるわけです。

元気ロケッツ(やっぱり、12月が旬の,゜.:。+゜キラキラ,゚.:。+゚(☆。☆)J-POPの代表は、此ですね。)2015/12/12 10:16



Genki Rockets - Breeze (SYKZ Mix)


キラキラした日差しの中を、気持ちいいそよ風が流れましたね。


HEAVENLY STAR


眩く燦燦ときらめいて~~!儂のブログにピッタリだったわ!

Star Line

儂の独擅場で選定するk-pop女子ユニット楽曲において、2012年は三冠王が生まれました!(此こそが、稀有な(☆。☆)キラキラK-POPです!)2015/12/12 16:59




2012年の三冠王とは、K-pop女子ユニットにおける、新人賞、
ベスト楽曲賞、ベストMV賞の三賞全ての制覇のことです。

たったこの一曲の発売によって、全てを決してしまったのです。
こんな事は、前代未聞ですな。


GLAM (글램) _ Party (XXO) MV


これは、当時、K-pop界隈でも『GLAM MUSIC』と呼ばれ、
K-popでも、異彩を放つ唯一無二の独自な楽曲です。

儂は此を、儂の好みのキラキラ・ポップの異彩とも認めています。
,゚.:。+゚キラキラJ-popにおいても、これ以後三年が経ちますが、
この系統の,゚.:。+゚キラキラポップは、凌駕していないと思います。
というか、儂の知る限り、存在していないと思います。

その特異な点は、ストリート系、ヒップホップ系で居ながらにして、
キラキラしているという、本来、相反するような要素を
上手く組み合わせて成立しちゃっている点が、凄いのですよ。

日本文化こそ、古来より、折衷文化で有り、お手のもののはずです。

来年は、此を越える,゚.:。+゚キラキラJ-pop女子ユニットを期待します。

儂が、そこに到達して戴きたい唯一のユニットを具体的に云うと、
現在、未だパッとせず、全く開発途上ですが、潜在能力を秘めていて、
とても真摯に取り組み、真面目さのある点に期待している、
ハロー・プロジェクトのつばきファクトリーです!キッパリ!

The Buggles - Video Killed The Radio Star (,゚.:。+゚キラキラポップ・ミュージックの原点は、ここら辺りだろうか?)2015/12/12 20:30



さて、RYUTistの新曲"piece of life"から久久に再燃した
,゚.:。+゚キラキラ・ポップ・ミュージックの投稿が続いてますが、
今回を持ってそろそろ終焉にしたいと思います。

さて、先の投稿記事において、
儂は,゚.:。+゚キラキラJ-popの原点を大滝詠一に遡上しましたが、
彼は、アメリカ志向のはずだったんだよなぁ。
だから、彼は、此を参考にしたというのは、考えにくいよなぁ…。
やっぱり、彼は、孤高のミュージッシャンだからね。

とすると、やっぱり、,゚.:。+゚キラキラJ-popの本流は、同じ島国の
英国、此方になるのかなぁと…。


カテゴリ一覧

zenback

<< 2015/12 >>
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブクログ(お薦めCD)

このブログについて

daisakuと申します。

H21/03下旬より、ネットを光に換えました。とても早くて快適なので、動画を一杯くっつけることにしました。今は、光も私のような田舎にも、安く届きますので、もし、よかったら、まだ光じゃない人も、光に換えて、動画を楽しんで下さい!

内容は、URLのとおり、女性音楽アイドル、アーティストが中心になると思います。

相互リンクのブログ

Se-Da-T(SeeYa、Davichi、T-ara)応援ブログ by パストラル
韓国・コアコンテンツメディア所属のSeeYa(シーヤ)、Davichi(ダビチ)、T-ara(ティアラ)をメインに、少女時代、KARA、Orange Caramel、Black Pearl、As Oneなどのガールズグループや、女性ソロ歌手などの様々な話題を取り上げています!! 

赤いソアラ UZZ40 by ルージュ
 ソニョシデ繋がりです。

ダビチ・ウォッチャー/Davichi Watcher
Davichi繋がりです。

RSS