01『雨のせいにして』official MV(Dance ver.) (やっぱり、おじさんは、こういうのが安心して聴けるのですよ!)2019/09/01 12:39



ユニット名の呼称は、「ラブワン」でいいのかなぁ。

9月と雖も未だ暑いので、大水槽の背景は、清涼感があっていいねぇ。

哀愁のある、昭和歌謡曲。堪りません。儂のようなオジサンには、
これくらいに、肩の力を抜いた感じのアイドルソングが、丁度いいよ。


Everything but the Girl - Night and Day (昔、暑苦しい夏夜に、この曲を聴いて涼んでいました。)2019/08/20 21:34



今回は、一寸、趣向が違います。

とにかく、懐かしいです。

女性ヴォーカルは、Tracy Thone(トレイシー・ソーン) 
良い声ですなぁ。楽器がシンプルにして、カッコいい。

本人のソロ曲もあったと思います。



【踊ってみた】夢Navigation(DJ Shimamura Remix)/アイロボ【フルVer】2019/08/18 05:34



やっぱり、DJミックスって、凄い破壊力ですなぁ。

この映像は、ライブ感というより、儂にとっての80年代、
ディスコ空間/時代を思い出してしまいました。

今時、こういう、ダンス系の音楽をあまり聴いていなかったかも、
やっぱり、旬は夏だから、アウトドア系が、多いからなぁ。


CYBERJAPAN DANCERS - 「夏だから」MV (此の編曲とリズム、なんだっけ?懐かしい~。)2019/08/17 06:14



スタイルがいい、お厚い化粧のけばいお姉さんたちが大勢いで、
オタクなオジサンには、強烈な刺激過ぎて、あまり、直視できんのだが、
曲に傾聴すれば、歌声も含めて、普通に夏の名曲に聴こえてきます。

ルックスに毛嫌いして、逃避するには勿体ないと感じました。

「夏だから」 単純にして、短いフレーズで、的を得た名句かもだなぁ。



そして、やっと似たアレンジの曲を思い出すことができました。

そして僕は途方に暮れる / 大沢誉志幸 1984 これは名曲だよなぁ。

WAY WAVE/みつばちパンティーライン (この令和の時代に、まんまのファンクかよ!)2019/08/14 00:00



初っ端衣装が、オールド・スクールだと思っていたら、なんと、
前奏は、サンプリングの嵐で、声は、PrinceのKISSで、始まったよ。

で見てたら、Tシャツに目が行っちゃうわけよ。
プリンス、マービン・ゲイ、ジェームス・ブラウン、ジャクソンズ、
スライ&ザ・ファミリー・ストーン、ファンカデリック、こんなところか…。

もう懐かしすぎます。ダンスも、緩く自由で、ファンキーです。
もう、蜂に刺されたように、痺れちゃいます。


カテゴリ一覧

zenback

<< 2019/09
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブクログ(お薦めCD)

このブログについて

daisakuと申します。

H21/03下旬より、ネットを光に換えました。とても早くて快適なので、動画を一杯くっつけることにしました。今は、光も私のような田舎にも、安く届きますので、もし、よかったら、まだ光じゃない人も、光に換えて、動画を楽しんで下さい!

内容は、URLのとおり、女性音楽アイドル、アーティストが中心になると思います。

相互リンクのブログ

Se-Da-T(SeeYa、Davichi、T-ara)応援ブログ by パストラル
韓国・コアコンテンツメディア所属のSeeYa(シーヤ)、Davichi(ダビチ)、T-ara(ティアラ)をメインに、少女時代、KARA、Orange Caramel、Black Pearl、As Oneなどのガールズグループや、女性ソロ歌手などの様々な話題を取り上げています!! 

赤いソアラ UZZ40 by ルージュ
 ソニョシデ繋がりです。

ダビチ・ウォッチャー/Davichi Watcher
Davichi繋がりです。

RSS