儂の独擅場で選定する2018年3月31日時点、2018年J-pop女子ユニット曲ベスト48 (年度末、御見舞い申し上げます。)2018/03/31 11:55



土曜休みの晦日なので、一寸早めのアップですぅ。

今月は、先月までのTOP3 の牙城を、遂に凌駕した。
1位 は期待以上、2位は意外性で、儂の去年の贔屓曲を制圧した。
4位Juice=Juiceも新参。スローな曲で、順位付けが晦渋であったが、
メンバー総力の圧倒的な歌唱力で、スロー曲では稀少な上位を成就した。
新参7位も期待通りの高品質アイドルを維持。8位21位はランクアップ。
新参10位は不注意で、期待以上で吃驚した。11位以下も新参多し。
13~16位、20位 、48系の22~24位、26位など。28位はランクアップ。


ランキング再生リストの順位は日々更新変化します。ご了承ください。

儂の独擅場で選定する2018年2月28日時点、2018年J-pop女子ユニット曲ベスト30 (2月は短いですが、新参は、百花斉放でした!)2018/02/28 21:35



如月は短いのですが、劇的にランキング変化がありましたねぇ。
新参が、色々とありますが、急遽滑り込みが、4,5位です。
また、自分でも驚きが、6位7,8位 辺りですねぇ。
本年は、点数を付けず、順位を感覚で決めているのですが、
自分の感覚が狂ってしまったのではないかと、危惧する位です。
依存性の強い曲は、同類を求めて、感覚を麻痺させますからねぇ。

8位から9位の溝も凄いですが、満遍なく聴くようにしてます。


ランキング再生リストの順位は、日々更新されますのでご了承ください。

儂の独擅場で選定する2018年1月31日時点、2018年J-pop女子ユニット曲ベスト22 (寒中お見舞い申し上げます。)2018/01/31 22:54



早いもので、今年もひと月が過ぎようとしています。
今年の第一弾のランキングです。

一位は、今年の寒波にフィットした、冷涼な曲になりました。
今年は、今のところ、直感で、ランキングを決めていますが、
儂の中では、ダントツの一位です。古風な、王道アイドル路線がいい。

再生リストは、22位以下も有りますが、25位以下は、現在、不合格です。


再生ランキングリストは、日々更新変化しますので、ご了承ください。

つりビット『不思議な旅はつづくのさ』 (やっぱり、釣りに拘らないで、色々なことに挑戦するところがいいよね。)2018/01/19 16:14



年相応ということでしょうか?こういう、おしゃれなことも、似合ってきたよ。
流石は、KisspointRecordsというところでしょうか。
とくに、安藤咲桜は、なんか篠崎愛似で、色気があるよねぇ。


儂の独擅場で選定する2017年J-pop女子ユニット曲ベスト103~135 (昨日の記事の続きです。)2018/01/05 14:47



この順位の中で、楽曲として儂がお気に入りで、購入した曲は、
103,106,115,119,128位です。

例え、歌やダンスが稚拙でも、その楽曲に相応しい歌声だったりすれば、
個人的には、お気に入りになり、常に聴きたくなるんです。
それがアイドルの特徴で、魅力なんだと思うんですよね。

あと、買うとなると、懐かしくて、安心できる楽曲を買ってしまうんだよなぁ。

以下が、ランキング再生リストです。

カテゴリ一覧

zenback

<< 2018/03 >>
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブクログ(お薦めCD)

このブログについて

daisakuと申します。

H21/03下旬より、ネットを光に換えました。とても早くて快適なので、動画を一杯くっつけることにしました。今は、光も私のような田舎にも、安く届きますので、もし、よかったら、まだ光じゃない人も、光に換えて、動画を楽しんで下さい!

内容は、URLのとおり、女性音楽アイドル、アーティストが中心になると思います。

相互リンクのブログ

Se-Da-T(SeeYa、Davichi、T-ara)応援ブログ by パストラル
韓国・コアコンテンツメディア所属のSeeYa(シーヤ)、Davichi(ダビチ)、T-ara(ティアラ)をメインに、少女時代、KARA、Orange Caramel、Black Pearl、As Oneなどのガールズグループや、女性ソロ歌手などの様々な話題を取り上げています!! 

赤いソアラ UZZ40 by ルージュ
 ソニョシデ繋がりです。

ダビチ・ウォッチャー/Davichi Watcher
Davichi繋がりです。

RSS